その症状の原因はストレスかも?
知っておきたい心身のサイン

【送料無料(一部地域を除く) 】 パナソニック バッテリー トヨタ チェイサー 型式GF-JZX100 H10.08~H13.10対応 N-55B24L/SB SBシリーズ | panasonic 国産車用 カーバッテリー カーメンテナンス 整備 カー用品 車用品 車 カー メンテナンス 車バッテリー 車

さまざまな症状として現れるストレスのサイン

ストレスが原因となって引き起こされる病気としては、うつ病や急性胃腸炎などが挙げられますが、このような病までには至らなくても、精神的、または身体的にストレスの症状が現れることがあります。また、心身だけでなく、何気ない行動にもストレスが隠れているケースは珍しくありません。ストレスの度合いには個人差があり、症状のタイプもさまざまです。

ストレスが原因の可能性がある症状

ここからは、ストレスが原因の可能性がある症状について、「身体的症状」「精神的症状」「行動的症状」の3つのタイプに分けて見ていきましょう。

身体的症状

体に現れるストレスの症状としては、各部位の痛みだけではなく、めまいや吐き気、消化器系の不調などがあります。

●肩こりや頭痛、腰痛などの痛み
ストレスは自律神経を刺激するため、脳が緊張状態に陥ります。血管が収縮して血流が滞った結果、肩こりや頭痛、腰痛といったさまざまな部位の痛みを引き起こすのです。運動不足や長時間のデスクワークだけでなく、ストレスがこうした痛みの原因である可能性もあるでしょう。
●めまいや耳鳴り
自律神経のバランスが乱れることで、めまいや耳鳴り、ふらつきといった症状が引き起こされることもあります。
●睡眠トラブル
ストレスを受けて交感神経が優位となると、副交感神経への切り替えがうまくいかず、睡眠トラブルにつながるケースも。睡眠トラブルの例としては、寝つきが悪い、夜中に目が覚める、朝早く目が覚めてしまう、眠気がとれないなどが挙げられます。
●吐き気
ストレスは胃への負荷が大きいため、吐き気をもよおすことも珍しくありません。腹圧が高くなることで胃の中の物が逆流したり、胃酸が過剰に分泌されたりして、吐き気をもたらします。また、胃や胸のムカつき、痛みもこの症状の一種です。
●下痢や便秘
富士フイルム(旧ゼロックス Xerox) CT350327 ブラック 国産リサイクルトナー DocuPrint 350JM 340A

オットマン チェア スツール アンティーク ミニスツール ベロア ロースツール ミニソファ ミニソファー ローソファ ピンク ローソファー フロアソファ フロアソファー ソファ 一人掛け ソファー 足置き 1人掛け 1人用 おしゃれ 北欧 一人暮らし 日本製 Step ot ミカエル

ストレスによるおもな精神的症状は、憂うつ感や不安・緊張感、焦燥感などがあります。ほかにも、趣味などを楽しめない、人付き合いが面倒になって避けるようになる、自己肯定力の低下といったメンタルの変化も、ストレスが原因である可能性が高いです。

エプソン ETカートリッジ LPC4T8K ブラック
自律神経の乱れは精神にも影響を与え、「何をしても気分が落ち込んだまま」「動くことが億劫」といった憂うつ感を引き起こすことがあります。
●不安・緊張感
常に不安や緊張感を覚えるようになる方もいます。こうした感情が高まると、怒りっぽくなったり急に泣き出したりと、感情のコントロールが難しくなるケースも少なくありません。
●焦燥感
焦燥感もストレスによる自律神経の乱れがおもな原因とされています。普段は感じないような異常な焦りや強い孤独感を覚えた場合も、ストレス由来であることが考えられるでしょう。

行動的症状

ストレスによって心身に不調が生じると、必然的に行動面にも支障をきたすようになります。注意力の低下やミスの多発は思わぬ事故にもつながりかねないため、このようなことが現れた場合は、まずは心身をきちんと休ませるようにしましょう。

●注意力の低下
人の脳は、ストレスが蓄積されると体を休めるように指令を出すため、倦怠感が引き起こされます。しかし、この状態になっても仕事や作業を無理に続けようとすると、集中力が続かず、注意力も低下してしまうのです。
●ミスが多くなる
注意力が低下すると、当然ミスも多くなります。情報の記憶や論理的な思考が困難になり、普段は問題なくできているような動作でも、うっかりミスをしてしまいがちになるのです。ストレスを溜め込んでいるときは極力、危険を伴う作業などは避けたほうがいいでしょう。

女性特有の症状がストレス由来の場合も

女性の場合、ストレスが生理不順や無月経といった症状を引き起こすこともあるといいます。毎月訪れる生理は、女性の心身の調子のバロメーターともいわれており、ストレスを溜め込むと生理周期が遅れたり、止まってしまったりすることも珍しくありません。また、ストレスによって生理痛が重くなることもあるといわれています。

ストレスの軽減によってこうした症状が解消されればいいのですが、生理不順や無月経の状態が続く場合は、婦人科で診察を受けましょう。